2024年1月1日、能登半島地震が起きました。
被災されたみなさまに、心よりお見舞いを申し上げます。

わたしたちは東日本大震災のときに多くの皆様からのご支援をいただいたことで仲間と出会い、布ぞうり作りの技術を習得し、今でも活動を継続することができています。私たちだからできる支援をしたいと、このたび寄付つき布ぞうりを制作し、能登の被災地支援をすることに決めました。

今回のチャリティ布ぞうりは、様々な企業やミュージシャンのみなさまからご提供いただいた未使用の新品Tシャツや、布を扱う企業が廃棄している布をアップサイクルして作ります。布をご支援いただいて材料費を節約できたぶん、1足につき300円〜1000円が寄付となります。(寄付額はデザインによって異なります。)

 

 

被災地では今後仮設住宅が建ち、そこでのコミュニティ作りが課題になります。支援金は被災地でのコミュニティ作りを支援してくれる団体に寄付させていただきたいと考えています。また、ご要望があれば、東北の編み手が能登を訪れて布ぞうりの講習会を実施し、能登のみなさんとお話しする機会を作りたいと考えています。

現在、東北の編み手、首都圏の編み手が、チャリティ布ぞうりの制作にとりかかっています。

チャリティ布ぞうりは、ふっくら布ぞうりshopにて3/1から販売を開始。

2/15からご予約を承ります。

▼ ふっくら布ぞうりshop 「チャリティ布ぞうり for 能登支援」

https://fukkura-shop.com/news/65cdac0170810901fa66b9be

 

ふっくら布ぞうりの会はこれまでも、さまざまな被災地支援活動を行なってきました。
これまでの記録はこちらをご覧ください。

被災地への支援活動

 

\企業のみなさまへ/

廃棄している布がありましたら、ご提供いただけませんか?
チャリティ布ぞうりの材料として使わせていただきます。

ふっくら布ぞうりの会では、チャリティ布ぞうりの材料となる布を募集しています。

もし、布を廃棄している事業者さんがいらっしゃいましたら、ぜひふっくら布ぞうりの会にご提供いただけませんか?その布に新しい命を吹き込み、チャリティ布ぞうりとして販売いたします。布をご提供いただいたことで浮いた材料費を、能登半島地震で被災した方たちへの支援金とさせていただきます。

ご協力いただけたら嬉しいです!

布やTシャツのアップサイクルについて、くわしくはこちらのページをご覧ください。

廃棄する布、使い道のない新品Tシャツをアップサイクルします!

お問い合わせはふっくら布ぞうりの会までお願いいたします。

info@fukkura.jp